宝石(誕生石)とは

宝石の価値とは、買った人や貰った人がそれを身に着けて楽しむところにあります。またジュエリーは長く使っても美しさが変わらないという点で優れた商品です。

誕生石(たんじょうせき)は、1月から12月までの各月に因む宝石で、自分の生まれた月の宝石を身につけるとなんらかの加護があるといわれています。誕生石の由来は、旧約聖書に出てくるイスラエルの祭司長の胸当てにはめ込まれた12種類の宝石、そして「ヨハネの黙示録」中に理想郷として描かれた聖都の12の城門の土台を飾る宝石に由来しており、これらが現在の誕生石の基礎となっています。その後、1912年に米国宝石商組合で定められたものを基にして、1952年にアメリカ宝石小売商組合によって改訂されたものが基準となっています。日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古く、3月には桃の節句があることから桃色が美しいサンゴが追加され、新緑が美しい5月には、古来から日本人に好まれている緑色の宝石のヒスイ(翡翠)が加わっています。

このサイトは、そんな宝石(誕生石)の情報をのせているサイトです。

是非、ここでの事をアクセサリー選びや、プレゼント選びに役立ててみてください。
右側の目次から、好きな誕生石を調べてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。