ラピスラズリ

ラピスラズリ(Lapis lazuli)
rapisu.jpg

特徴
・日本ではトルコ石と共に12月の誕生石とされる
・深い青色〜藍色の宝石で、和名は瑠璃(るり)
・エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリン(群青色)の原料として珍重された
・方ソーダ石グループの鉱物を主成分とする岩石で、複数の鉱物の混合物


性質
・硬度5〜5.5くらいで、傷つきやすく、薬品にも弱い
・塩酸と反応して硫化水素(H2S)を出し、ゼラチン化


由来
 ラピスはラテン語で「石」(Lapis)、ラズリはペルシア語→アラビア語"lazward"(ラズワルド:天・空・青などの意で英語Azureの語源)が起源で「濃青の空の色」を意味している


成分
 主成分の4種類の鉱物に他のいくつかの微量鉱物が入り混じって混合物をなしている。主に含まれる元素として、ナトリウム(Na)・アルミニウム(Al)・ケイ素(Si)・硫黄(S)・酸素(O)

主成分:方ソーダ石グループの鉱物
・ラズライト:青金石(せいきんせき):Lazurite:Na8-10Al6Si6O24S2
・ソーダライト:方曹達石(方ソーダ石):Sodalite:Na8Al6Si6O24Cl2
・アウイン:藍方石: Hauyne: (Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2
・ノゼアン(ノーゼライト):黝方石:Nosean:Na8Al6Si6O24SO4

副成分:微量、含まれない場合もある
 カルサイト(方解石)、パイライト(黄鉄鉱)、柱石、斜長石、燐灰石、ジルコンなどを含む場合もある


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。