オパール(蛋白石)

オパール(蛋白石−opal)
opa-ru.jpg

特徴
・鉱物の一種であるが、宝石として扱われ、10月の誕生石とされる
・和名は蛋白石(たんぱくせき)
・石言葉は、「希望・潔白」
・透明〜半透明の宝石で、ガラス光沢・樹脂光沢をもち、無色のものから乳白色、褐色、黄色、緑色、青色と様々な色のものがある。まれに虹色の美しい輝きを持つものも存在する


由来
 名前の由来は、ラテン語の宝石を意味する『opalus(オパルス)』ですが、その『opalus』という言葉自体が、古代サンスクリット語で宝石、貴重な石を意味する『upala(ウパラ=ウパーラともいう)』から派生した言葉です。


性質
・モース硬度5〜6
・乾燥、熱、衝撃に弱い


成分
 化学組成はSiO2・nH2Oで、成分中に10%(nが0.1前後ということ)ぐらいまでの水分を含む
 
 ・特有の蛋白光を持つものをノーブル・オパール(貴蛋白石、Noble Opal)といい、宝石として扱われる。また色によってブラック・オパール(黒蛋白石、Black Opal)、ファイア・オパール(火蛋白石、Fire Opal)と区別される。一般的にファイア・オパールは遊色のないオパールの事を示す。
・また光沢が不十分なものは普通蛋白石(Common Opal)、水分が蒸発したものを透蛋白石(Hydrophane)という。
・堆積岩中に埋没した樹木の幹や動物の遺骸と交代したものがあり、樹と交代したものを木蛋白石(Wood Opal)という。研磨するときれいな木目がでることから珍重されている。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。