ルビー(紅玉)

ルビー(紅玉−Ruby
rubi.jpg

特徴
・7月の誕生石
・和名は紅玉(こうぎょく)
・石言葉は、「熱情・純愛」
・赤色を代表する宝石
・透明なものから不透明なものまであり、透明感が高く、インクルージョン(不純物やキズなど)の少ない物が高価。また、薄い赤色のものを「ピンクサファイア」と呼ぶ。
・成分中に金紅石(酸化チタンの結晶)の針状結晶が混ざることによって反射光が星状に見えるものは「スタールビー」と呼ばれ、珍重されている
・高い硬度を有することから、時計の軸受け、レコード針などに用いられる。また、かつては人工的に作られた合成ルビーが、固体レーザー素子として用いられた(ルビーレーザー)


由来
 ラテン語で「赤」を意味するルベウス“rybeus”に由来


性質
・モース硬度9で、ダイヤモンドに次ぐ硬度をもつ
・割れる性質もなく、熱や薬品に対しても強い

成分
 主成分は酸化アルミニウム(Al2O3、鋼玉-コランダム)。不純物として微量のクロム(Cr)を含む。しかし、わずか1%程度の微量のクロムを不純物として合むことにより、ルビーになる。この微量なクロムの量が微妙で、これが0.1%となるとピンクになり、ルビーには届かずピンクサファイアと鑑別され、多過ぎて5%以上になると灰色のエメリーと呼ばれる灰色の工業用の研磨用途の鉱物になり、価値はなきに等しくなる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。