パール(真珠)

パール(真珠−Pearl
pa-ru.jpg

特徴
・貝から採れる宝石の一種で、6月の誕生石
・石言葉は、「健康・富」
・その希少性から薬としての効能を期待し、服用される例がしばしば見られる。日本でも解熱剤として使用され、現在も風邪薬として販売されている。


由来
・真珠−珠というのは河海で産する円形の玉という意味があるので、玉石なども含みますが、その中でも特に美しく 光り輝いたものが真珠と呼ばれた
・パール−中世ラテン語で洋ナシを意味する ピルラ“pernula”が由来


性質
・硬度2.5〜4
・熱や酸に弱い(汗にも弱い)


成分
 貝の体内に入った異物を核として、カルシウム(Ca)の結晶(霰石)と有機質層(主にタンパク質)が交互に積層し、真珠層が形成


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。