アメジスト(紫水晶)

アメジスト(紫水晶−Amethyst
ameji.jpg

特徴
・2月の誕生石
・和名は紫水晶(むらさきすいしょう)
・石言葉は、「誠実・心の平和」
・淡いライラック(ヨーロッパ原産のモクセイ科ハシドイ属の落葉樹)色から、濃紫色まで幅広い色合いがあり、稀に緑もある
・水晶の類の中では一番高価。


由来
 ギリシア語のアメスタトス“a-methystos”(酔わせない)に派生。ギリシア神話に登場する月の女神ダイアナに仕える女官アメシストの悲劇からこの名がつけられた。


性質
・モース硬度7
・高温や日光に弱く、色が退色することがある


成分
 主成分は、水晶と同じ酸化ケイ素(SiO2)であるが、ケイ素(Si)の一部が鉄(Fe)と置き換わることで、あな独特の紫色を呈する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。