サファイア(青玉)

サファイア(青玉−Sapphire)
safyai.jpg

特徴
・鉱物の一種であるが、宝石として扱われ、9月の誕生石とされる
・和名は青玉(せいぎょく)
・石言葉は、「誠実・純粋」
・一般に綺麗な濃紺あるいは青紫色をしたものと考えられているが、濃い赤以外(赤を有するものは、ルビーとなる)のあらゆる色、例えば黄色や茶色、薄紅色などのコランダム(酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物)はサファイアという
・無色透明のものも同様で、これは人造物(合成サファイアまたは、合成ルビー)が腕時計の風防や軸受け、レコード針などに用いられることがある(この場合、サファイアガラスなどと呼ばれる事があるが、実際はガラスではない)
・なかには、光を当てて眺めたときに六条の光を生ずるものがある。これはスターサファイアと呼ばれ、珍重される。なかには六条ではなく、四条(一般的にクロスと呼ばれスターとは区別される場合がある)の光を生ずる極めて希少価値の高いものもあり、見付かるのは奇跡といえる


由来
 青を意味する、ヘブライ語のサッピール「Sappir」、もしくはラテン語のサフィルス「Sapphirus」からきている


性質
・モース硬度9で、ダイヤモンドに次ぐ硬度をもつ
・割れる性質もなく、熱や薬品に対しても強い


成分
 主成分は酸化アルミニウム(Al2O3、鋼玉-コランダム)。不純物として微量の酸化鉄(FeOx)・酸化チタン(TiOx)を含み、その含有率の違いによって、微妙な青色の濃淡ができる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。