宝石図鑑 〜誕生石の秘密〜 > 12月の誕生石

ラピスラズリ

ラピスラズリ(Lapis lazuli)
rapisu.jpg

特徴
・日本ではトルコ石と共に12月の誕生石とされる
・深い青色〜藍色の宝石で、和名は瑠璃(るり)
・エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリン(群青色)の原料として珍重された
・方ソーダ石グループの鉱物を主成分とする岩石で、複数の鉱物の混合物


性質
・硬度5〜5.5くらいで、傷つきやすく、薬品にも弱い
・塩酸と反応して硫化水素(H2S)を出し、ゼラチン化


由来
 ラピスはラテン語で「石」(Lapis)、ラズリはペルシア語→アラビア語"lazward"(ラズワルド:天・空・青などの意で英語Azureの語源)が起源で「濃青の空の色」を意味している


成分
 主成分の4種類の鉱物に他のいくつかの微量鉱物が入り混じって混合物をなしている。主に含まれる元素として、ナトリウム(Na)・アルミニウム(Al)・ケイ素(Si)・硫黄(S)・酸素(O)

主成分:方ソーダ石グループの鉱物
・ラズライト:青金石(せいきんせき):Lazurite:Na8-10Al6Si6O24S2
・ソーダライト:方曹達石(方ソーダ石):Sodalite:Na8Al6Si6O24Cl2
・アウイン:藍方石: Hauyne: (Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2
・ノゼアン(ノーゼライト):黝方石:Nosean:Na8Al6Si6O24SO4

副成分:微量、含まれない場合もある
 カルサイト(方解石)、パイライト(黄鉄鉱)、柱石、斜長石、燐灰石、ジルコンなどを含む場合もある

トルコ石(ターコイズ)

トルコ石(ターコイズ - turquoise)
toruko.jpg
その色合いのため、数千年の昔から装飾品とされてきた。近年では他の多くの不透明の宝石と同様に、表面処理されたものや模造品・合成品が市場に出回っていて問題となっている。専門家でもその鑑定は難しい。

特徴
・良質のものは貴重であり、宝石とみなされる、12月の誕生石。
・石言葉は、「成功」
・青から緑の色を持つ不透明な鉱物。質の良いものは鮮やかな青色だ が、不純物に鉄を含むと緑色に。
・銅やアルミニウムを含むリン酸塩の岩石に水の作用が働いたときにできる。
・鉱床(鉱物が濃集したもの)は、乾燥地帯で発見されることが多い。
・熱、日光、酸に弱く、そういう状態にすると、結晶水が抜けつやがなくなり、変色してしまう。


成分
化学的には水酸化銅アルミニウム燐酸塩で、化学式 CuAl6(PO4)4(OH)8•5H2O で表される。しかし、アルミニウム(Al)の代わりに、不純物として鉄(Fe)を含むと、鮮やかな青色から鉄の緑色に変化してしまう。


性質
・やや脆く、モース硬度も5.5〜6と低め。
・色も変化に富んでいて、白〜淡青色〜空色、または青緑色〜黄緑色の範囲に変化する。
・トルコ石は一般に不溶性(溶けない)だが、熱した塩酸には溶ける。
・トルコ石は宝石の中では比較的柔らかいが、よい磨き粉になる。


由来
英語では turquoise(ターコイズ)という。この語の語源は古くはっきりしないが、フランス語の pierre turquoise (トルコの石)に由来するといわれている。これは幾分かの誤解を含んでおり、トルコでトルコ石が産出されたわけではなく、アトラス山脈周辺の砂漠で産出されたものが貿易でトルコを経由してヨーロッパへ広がったのちになじみの深い宝石になり、「トルコ石」と呼ばれるようになったとされている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。